テーブル

神前式について

結婚式と言うとウェディングドレスを着用するイメージをする方が多いでしょう。
しかし、着物を着用して神社の前で挙げる神前式も人気があります。
神社には神様がいると日本では昔から言い伝えられています。その神社で結婚式を挙げるとなると、新鮮な気持ちになることが出来ます。
神前式を行っている神社は数多くあり、神前式が人気の神社もあります。
結婚式はホテルや婚礼専門の施設などで挙げることが一般的でしたが、神社で挙げる方も増えています。

神社が結婚式場となる場合は、注意をしなければならないことがいくつかあります。
それは、結婚式場と披露宴会場が近いかということです。結婚式場から披露宴会場が遠いと、移動をするまでに時間がかかってしまいます。その為、新郎新婦もゲストも移動に負担を感じてしまうでしょう。
もし、結婚式場と披露宴会場が遠い場合は式場の付近にバス停や駅があるか調べておくことで、移動に手間をかけることはありません。
また、神社で行なう神前式は外ですることが多い為、雨に濡れないように式を進行することが出来るのか確認をすることが大切です。
式当日の天候はその日にならなければ分かりません。もし雨だった場合、天井がない結婚式場だと色鮮やかな衣装が濡れてしまいます。
そういったハプニングを回避する為にも、雨に濡れない神社を探さなければなりません。

神前式は厳かな雰囲気の中で結婚式を挙げることが出来る為、緊張をしてしまうことがありますが、体験をすることで緊張を半減させることが出来るでしょう。
体験では神前式の進め方を知ることができ、料理の試食をすることが可能です。
それぞれ体験をすることで、良い結婚式場を選択することが出来るのでしょう。